離島の保健師求人

離島の保健師求人をご紹介!


離島の保健師求人

離島の保健師求人はどうなっているのでしょうか。保健師といえば企業で働く産業保健師、学校で働く学校保健師、行政機関での行政保健師といった3つの区分に分かれているのですが、就職先も今は多種多様化されているので、さまざまな場所で働いている人が多いのが特徴ですが、離島で働く保健師も実は年々増えています。離島での保健師求人状況はどうなっているのでしょうか。離島といえども島のサイズは色々です。大きな島もあれば小さな島もありますので、保健師の確保状況はそれぞれの島によっても違いがあります。中でも小さな離島になるとアクセスの利便性から考えて閉鎖されることも考えられるので赴任をなかなかしてくれないという現状があります。昔は小さい離島にわたるために1週間から10日以上かけてわたっているような状況でしたから難しいのも無理はありません。ですが今はもう少し交通手段も整っていますから最短1日から2日もあればわたることが可能ですので、保健師の積極的な離島への就職も進んでいます。離島を就職先に選ぶ人の理由を次に見てみましょう。

小さな島ですのでコミュニティも、交流も都会に比べると盛んに行われているので人情味にあふれて人の温かな部分に触れることができるのでとてもやりがいを感じる人は多いでしょう。大自然の中で普段生活を過ごしていくことになりますので大都市での生活に比べるとストレスも少ないのだそうです。離島は高齢化が進み、過疎化も進んでいるところが多いので、地域の人は社会的な問題、精神的、肉体的な問題を抱えながら寄り添い、力を合わせて生活をしています。この中で信頼できる医療の提供ということで医療機関と密接に関係を持ってそれぞれの健康相談や健康教室、訪問看護などの保健福祉活動を行うのが保健師の仕事です。とても重要な仕事を任されますので保健師としての仕事のやりがいもひとしおです。大きな都市での保健師とはまた違って離島での保健師のやりがいがあるのです。

とある離島での保健師求人内容を見てみると、給与は22万円から35万円となっておりそれ以外に時間外手当、夜勤手当、夜間看護、救急業務従事手当てなどがあり、賞与が1年に2回、昇給年に1回という条件でした。もちろんそれぞれの離島の保健師求人によっても内容は違うかもしれませんが条件交渉次第ではあなたの理想の仕事に近づくこともできるかもしれません。転職支援サービスに登録をすれば、離島保健師求人の条件交渉もあなたの代わりに行ってくれますので安心して転職をすることができるのでいいでしょう。

産業保健師 求人 企業(健康管理室)の保健師求人 グッピー|保健師の転職・募集